大量にバナーを作成して見えてきたバナー作成のコツとデザインのポイント。

banner-create-point-1

6月からWEB事業の立ち上げに関わっている企業の、ショッピングサイト用バナーを大量に作っていました。

たぶん、30〜40枚は作ったと思います…。

後半、ネタ切れになりながらもなんとかやりきりました。

インターネットをビジネスに活用する上で「バナー」は必須。どんなサイトやブログを見ても必ず1枚は貼ってありますよね。

特にショッピングサイトは、キャンペーンバナーやセールバナーなど、様々なバナーでサイトが出来上がっています。楽天市場とかヤフーショッピングを思い浮かべて頂ければわかりやすいと思います。

さて、この記事では、そんな重要なバナー作成のコツとポイントを、ネタ切れになるほど大量に作った経験からお伝えしたいと思います。

ちなみに、私はウェブマーケッターなので見た目よりも「クリックされる事」「一目で内容が分かる事」に重点をおいてバナーを作成しています。

きっと、明日からバナーが作りやすくなると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそもバナーを作成する目的とは?

まずは、「バナーの目的って何?」ということから考えていきます。

バナーとは、「目的のページへお客さんを誘導するためのハブ」だと考えています。

訪問者のサイトでの動き

ホームページに訪れる → バナーをクリック → 目的のページ(LPやお問い合わせなど)

ホームページに訪れたお客さんを、本来見てもらいたいページへ自然に導いてあげるのがバナーの目的です。

例えば、ショッピングサイトに「父の日キャンペーン」というページを作ったとします。

そのページに移動するためのリンクが、下の画像のようにテキストでサイドメニューに表示してるだけでは分かりにくいですよね。

リンクに気づいてもらえなかったら、キャンペーンページを見てもらえません。

バナーはホームページの目立つに所に設置する

だから、ホームページの目立つ所にバナーを設置して、訪問者がキャンペーンページに移動できるようにしてあげるのが大切です。

これは分かってるつもりで、意外と出来てないサイトが多いです。誘導しなくていいページのバナーを作成してるサイトもよく見かけます。

バナーは、基本的にゴールページへ誘導するように設置した方が成果に繋がりやすいです。

ゴールページとは、ネットショップだったらキャンペーンページ、アフィリエイトだったらアフィリリンクが貼ってある記事ページ、お問い合わせだったらコンタクトページなどです。

バナー作成のコツとポイントとは?

よくネット上では「人の写真を使った方がいい」「GIFアニメーションを使った方がいい」「派手なカラーを使用した方がいい」といったことが書かれています。

実際、このような意見も間違いではないと思います。

しかし、こんな表層的なことだけを意識しても良いバナーを作成することはできません。

ギミックで閲覧者の興味を引いたところで、見てる人もバカじゃないので、たとえ気になっても意味が分からなければクリックしてくれません。

バナー作成のポイントは以下の3つです。

  1. メリットを明確にする
  2. メリットを短い言葉に変換する
  3. 変換した言葉を訴求し、補足文を添える

❶ メリットを明確にする

そのバナーをクリックした先で、お客さんにどんなメリットがあるのか洗い出します。

例えばネットショップなら、今の時期だとお中元の特集なんかが注目されはじめます。

お客さんが商品を選びやすいように、お中元用の商品をピックアップしたページがあるのは当然です。

そこにプラスαで「他店とどこが違って、他店より何がいいのか?」ということを見つける、または作り出します

例えば、送料無料やギフト梱包、名前入りの熨斗、配送先住所を変更できるなど、商品以外のメリットを考えます。

とにかくお客さんのメリットになることは全て洗い出します。

❷ メリットを短い言葉に変換する

次に洗い出したメリットを、分かりやすいように短い言葉へと変換していきます。

例えば、下のバナーは「楽天イーグルスが試合に勝ったら、エントリーするだけでポイントが2倍になりますよ」ということを、伝えるために上手く言葉を短くしています。

スクリーンショット 2016-06-23 10.35.28

バナーを見ると「祝勝利」と「2倍」という2単語だけで、お客さんはざっくりと内容が分かるため、さらに詳細を知るためにクリックし、次ページへ移動してくれます。

❸ 変換した言葉を訴求し、補足文を添える

一番訴求したい内容に付け加えて、さらに他のメリットもあることを伝えます。

例えば、下のバナーだと「ギフト限定」が一番のメリットですが、その下に「最短当日お届け」という言葉を添えることですぐに届くことも伝えています。

0999090

バナーを作るときは内容から考えること

以上がバナーを作成するときの3つのポイントです。

バナーを作成するときに、デザインから入る人がいますが、それだと本当に訴求したい言葉じゃない言葉が目立ってしまうことがあります。

ですので、まず伝えるべき内容を洗い出し、言葉(文言)を決めることから進めた方が良いバナーを作ることができます。

デザインに言葉を合わせるのではなくて、簡潔に内容を伝えるためにデザインをしていくと成果に繋がるバナーができます。

誰でも凄いバナーが簡単に作れるツール

僕は今までフォトショップでバナーを作成していました。

しかし、フォトショップはバナーを作るには、必要のない機能が多すぎるし、作業中たまに落ちます。データを保存してたらいいけど、保存する前に落ちたときは最悪です…。

フォトショップ自体は本当に良いツールだけど、バナー作成だけには向いていないと思います。

理由は、フォトショップだと素材をネットで買うかフリー素材を探さないといけないからです。また、機能が多すぎるので、ちょっとエフェクトを入れるのも慣れていないとすごく面倒くさいです。

そこで、導入したのが「バナープラスV2」というバナー作成ツールです。



これ、本当に便利です。

素材は用意されていて、簡単なエフェクトならワンクリックで完成します。

作業スピードが圧倒的に早くなるし、良いバナーが簡単に作れます。バナーに載せる文章を考えたら、デザイン作業はサクサクっと終わります。

毎回、バナーを作るのに1時間も2時間もかかってしまう人にはマジでおすすめ。これを使えば、誰でも簡単に凄いバナーが作れるようになります。

→ バナープラスV2の詳細はこちら

バナー作成のコツとデザインのポイントまとめ

バナーは、ホームページやブログ、ネットショップでは絶対に必要です。

バナーのクオリティを無視する人も多いですが、ちゃんと考えて丁寧に作ったバナーを設置しているサイトの方が成果は出やすいです。

ぜひ今回お伝えしたコツを意識して、バナーを作ってみてくださいね。きっと今までと成果が変わってくるはずです。

人気記事
sell-​​iphone-img01
機種変更して使わなくなったiPhoneを売る人がだいぶ増えてきましたね。 しかし、売りたい気持ちはあるけど、「結局、どこに売っていいのか分...
softbankair-review-img01
どうもです! この記事では、工事不要のホームルーター「SoftBank Air」を2年間使った感想を、メリットとデメリットを踏まえてお伝え...
rakuten-mobile-img0
どうもです! この記事では、WEB関係の仕事を長年やっている私が、楽天モバイルについてわかりやすく解説していきますので、少しでも気になって...

関連記事

スクリーンショット 2016-02-11 18.32.58

【ブログ・サイト作成-2】初心者向けにレンタルサーバーの契約方法を一から丁寧に解...

img-00011

ジュニアサッカーチームのホームページを作成しています。

49H-1

集客ツールのデメリット&メリットとは?

img-999232

スマホ対応のチェックとページの読み込みの速さを同時に確認できるツールを公開。

img_0099-1

Google x 作業スピード = 最強!!

-shared-img-thumb-tuyopon1512294410_TP_V

無料!商用利用できるフリー写真素材サイトのまとめ