楽天モバイルの評判は?初期費用・月額料金・速度・おすすめプランを徹底調査【メリット・デメリット】

rakuten-mobile-img0

どうもです!

この記事では、WEB関係の仕事を長年やっている私が、楽天モバイルについてわかりやすく解説していきますので、少しでも気になってる方やこれから契約する方はぜひ参考にしてください。

楽天モバイルの概要

楽天モバイルとは、月々8,000円〜10,000円もかかるドコモ、au、ソフトバンクと違い、月々3,000円程度で使える格安SIMです。

もしかしたら、「費用が安いと大手キャリアのようにちゃんと使えないのでは?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、全く問題なく使えます。

たくさんある格安SIMの中でも、楽天モバイルは特に評判が良い格安SIMです。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

初期費用について

事務手数料 3,665円(税込)
SIMカード準備料 0円
端末代金 機種によって異なる

楽天モバイルは、2016年9月より初期費用が3,655円に変更になりました。

他の格安SIMの初期費用はほとんどが3,240円です。しかし、SIMカード準備料(約394円)というものが別にかかります。

楽天モバイルは、このSIMカード準備料が込みなので、初期費用は「SIMカードだけの購入なら3,655円のみ」「端末とセットなら3,655円+端末代金のみ」となります。

端末料金は一括払いと分割払いが選べます。

プランと月額料金について

楽天モバイルのプランは、「スーパーホーダイプラン」「組み合わせプラン」の2種類となります。

楽天モバイルのスーパーホーダイプラン

 1年契約の場合 プランS プランM プランL プランLL
月額 1年目 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
2年目 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
3年目 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
データ量 2GB 6GB 14GB 24GB
通話 10分以内なら何度でも無料
※10分を超える分は10円/30秒

スーパーホーダイプランは、1度の通話が10分まで無料で話せる「かけ放題」がセットになったプランです。毎月40分〜50分くらい電話をする人におすすめです。

また、スーパーホーダイプランは、2年契約にすると2年目まで毎月の料金が500円、3年契約にすると2年目まで毎月の料金が1,000円も安くなります。

例えば、「プランSの2年契約なら、2年間毎月1,980円で使える」ということですね。

電話もインーターネットもよく利用する方は、スーパーホーダイプランを選んだ方がお得に使えます。

楽天モバイルの組み合わせプラン

  通話SIM 050データSIM データSIM
ベーシック 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

組み合わせプランは、通話SIM、050データSIM、データSIMのいずれかを選んで、自分に合った容量(GB)で契約できるシンプルなプランです。

  • 通話SIMとは:インターネットと電話ができるSIMの事
  • 050データSIMとは:SMS機能がついているSIMの事
  • データSIM:インターネットだけが利用できるSIMの事

このプランは、初月無料で使えるのが特徴です。

組み合わせプランには、10分かけ放題がついていないので、インターネットばかりの利用で電話はしないという方におすすめのプランです。

取り扱い端末について

AndroidからiPhone(SE、6S)まで取り揃えてあり、端末によって金額は異なります。デザインや価格、機能など自分に合った一台を見つけてください。

端末の種類については公式サイトで確認してください。

楽天モバイルのメリット

楽天市場でもらえるポイントが2倍になる

楽天モバイルの通話SIMを契約すると、楽天市場全ショップでの買い物がいつでもポイントが2倍になります。

支払いに楽天スーパーポイントが使える

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループのサービスはもちろん、コンビニやガソリンスタンドなどで貯まった楽天スーパーポイントを月々の支払いに使うことができます。

楽天のサービスをよく利用している方なら、ポイントだけで携帯代を払える月もあると思います。

余った通信料を翌月に繰越できる

楽天モバイルには「データ繰越」という機能があります。この機能は1ヶ月で使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越して使えます。

例えば、5GBのプランで契約していて、4GBしか使わなかった場合、次の月に6GB使えるようになるということです。

データ繰越にあたって特別な申し込みは必要ありません。

支払いに口座振替が選択できる

楽天モバイルの月々の支払いは、クレジットカードと口座振替から選ぶことができます。ほとんどの格安SIMは、口座振替での支払いに対応していないので、クレジットカードを使いたくない方は、楽天モバイルの口座振替を利用するといいと思います。

10以内の国内通話がかけ放題

スーパーホーダイプラン限定ですが、1度の通話が10分まで無料で話せる「かけ放題」がセットになっています。毎月40分〜50分くらい電話をする人にはかなりおすすめです。

最大1Mbpsの低速モードが使い放題

こちらもスーパーホーダイプラン限定ですが、高速通信容量(契約しているデータ容量)を使い切っても、最大1Mbpsでデータが使い放題です。

通常、データ容量を使い切ったら、ストレスがかなりかかるレベルまで遅くなりますが、楽天モバイルは1Mbpsまで保証されています。

1Mbpsあれば、メールやアプリ、グーグル検索であればストレスなく閲覧できるレベルです。

楽天モバイルのデメリット

電話サポートがつながりにくい

楽天モバイルは電話サポートが繋がりにくいようです。IT企業の電話サポートは電話越しで待たされることがよくありますよね。

分からない事がある時にすぐお問い合わせできないのは不安がなのでデメリットです。

キャリアメールが使えない

楽天モバイルにすると、「@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp」といったメールアドレスは使えなくなります。

しかし、最近はメールよりもLINEを使って連絡を取り合うと思うので大したデメリットではないと思います。

楽天モバイルのまとめ

✔️チェックポイント

  • 初期費用は3,655円(+端末代金)
  • 電話を使う人はスーパーホーダイがお得
  • インターネットしか使わない人は組み合わせプランがお得
  • 楽天市場のポイントが2倍!支払いはポイントでもできる

自分の使い方に合わせてプランを選べるのが楽天モバイルの魅力です。ネット上での評判も高いので安心して使える格安SIMと言えるでしょう。

楽天モバイルを使うなら、スーパーホーダイプランの2年契約が最もお得に使えると思いますよ。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

関連記事

mineo-img01

マイネオの評判は?初期費用・月額料金・速度・おすすめプランを徹底調査【メリット・...

uq-mobile-img01

UQモバイルの評判は?初期費用・月額料金・速度・おすすめプランを徹底調査【メリッ...

sim-card-unlock-img01

SIMロック解除とはどうゆう事?SIMロック解除の意味とメリットを解説

line-mobile-img01

LINEバイルの評判は?初期費用・月額料金・速度・おすすめプランを徹底調査【メリ...