海とウェブ

仕事はウェブ系、趣味は海遊びという男がニュースや話題を独自の視点で紹介するブログ。webビジネス、webマーケティング、副業情報も。

SEO対策について徹底解説〜初級編〜

      2016/03/08

161H

★起業家志望ブログランキングに参加したので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

起業家志望ブログランキング

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!

 

どうも、小木隆史です。

アフィリエイトで自由を手に入れるために頑張っています。

僕のプロフィールは、こちらからどうぞ。

→ http://takashiogi.com/page-126/

 

いま、ブログ内でアンケートを実施しています。

スクリーンショット 2016-02-13 14.28.18

で、やっと数名の方が回答してくれたので、
今回はアンケートをもとにSEO対策についてお伝えします!

 

それでは、早速ですがSEO対策についてです。

そもそも、SEO対策って何かご存知ですか?

SEOとは「サーチ・エンジン・オプティマイゼーション」の略で、
日本語で言うと「検索エンジン最適化」という意味です。

この辺の基礎知識については、こちらに詳しく書いてます。

[nlink url="http://takashiogi.com/2016/01/31/208/" title="知ってるようで知らないSEO対策の基礎" excerpt="アフィリエイトに取り組んでいくと、必ず「集客」の壁にぶち当たるときがきます。集客とは、自分のWEBサイトにお客を集めることです。WEBの世界では「集客=アクセス」と呼びます。"]

 

基礎知識は、上の記事で分かったと思いますが、
今回は、実際にやるべきをことを書いていきたいと思います。

 

1)はじめの1ヶ月でやるべきSEO対策

SEO対策は、大きく分けて外的SEOと内的SEOの2つしかありません。

はじめの1ヶ月では、とにかく

サイト内のコンテンツを充実させること

だけを考えて作業を実施してください。これは内的SEOです。

  • 運用していくサイトの情報収集をする
  • 記事の執筆を行う
  • サイトのレイアウトやデザインを調整する
  • 内部リンクを調整する
  • グーグルサーチコンソールに登録

この段階では、被リンク(バックリンク)は考えなくていいです。
※被リンクとは、他サイトから自分のサイトへのリンクを送ってもらうこと

なぜかというと、内容(コンテンツ)が薄っぺらいサイトへ
リンクを送ってしまうと、立ち上げ早々にグーグルから弾き飛ばされます。

グーグルサーチコンソールに登録するときは、
空っぽの状態でサイトを登録するより、ある程度コンテンツを
入れ込んだ状態の方がグーグルに認識してもらうスピードが速い気がします。

解説

■内的SEO(内部対策)
検索エンジンにサイト内のコンテンツを評価してもらいやすいよう、サイト内の構造を調整する。具体的には、タイトルタグや本文といったテキスト要素を調整したりサイト内のいろいろなページをクロールしてもらいやすいよう、内部リンクを張る

■外的SEO(外部対策)
そのサイトへの外部からのリンクを増やすことによって、そのサイトの人気を検索エンジンへ伝える。具体的には、外部から自然にリンクが張られるようなコンテンツを考える。また複数のサイトを所有している場合は、それらのサイトからリンクを送ってもよいが、自然発生の客観的なリンクではないため、高い評価につながらない場合が多い

 

2)グーグルサーチコンソールに登録する

コンテンツを入れ込んだサイトが完成したら、グーグルサーチコンソールへ登録を行います。スクリーンショット 2016-02-13 18.00.39

グーグルサーチコンソールとは、サイトがGoogleに
どのように認識されているかをチェックできるツールです。
※グーグルサーチコンソールは、WEBマスターツールという名称でした。

 

このツールは、Googleに自分のサイトのが
インデックス(Googleにサイトが認識されて検索結果に表示されること)
されるためには必ず使わないといけないツールです。

他にも、サイトに必要なキーワードやGoogleに認識されている
ページ数がどのくらいあるのか、などを調べることができます。

少し難しいかもしれませんが、面倒くさがらずに登録を行っておきましよう。

 

3)2〜3ヶ月以降でやるべきSEO対策

サイト作成とサーチコンソールへの登録が完了したら、
2〜3ヶ月目以降からは、次の2つを行っていきます。

  • サイトの記事を更新する
  • サテライトサイトを構築してリンクを送る

2〜3ヶ月目以降からは、基本的にこの作業の繰り返しです。

3-1)サイトの記事を更新する

サイト作成時に主要となるコンテンツが出来上がれば、
その後は、ブログやコラムといった形で記事の追加していきます。

更新頻度の高いサイトは、Googleに好まれます。
サイトを立ち上げてすぐは、記事の更新頻度も高いかもしれませんが、
ある程度の期間が過ぎると、ほとんどの人が頻度を落とす傾向にあります。

記事の追加や過去記事の修正、レイアウトを変更したり、
サイトが上位表示されるまでいじり倒していきましょう!

絶対にやってはいけないことは、他サイトのコピーです。
これはペナルティを受ける可能性が非常に高いので絶対にやめてくださいね。

3-2)サテライトサイトを構築してリンクを送る

サテライトサイトとは、より幅広いターゲット層のアクセスを
獲得する為に、本サイトとは別に立ち上げたウェブサイトのことです。

他サイトから支援されてるサイトは、Googleから好まれる傾向にあります。

ですが、普通に運営をしていてもアフィリエイトサイトで
ある限り、なかなか一般ユーザーからリンクを送ってもらったり
ブックマークしてもらうことは難しいのが現状です。

そこで、外部に自分でサイトを作りそこから本サイトへリンクを送ります。

 

4)サテライトサイトを構築する

サテライトサイトは、中古ドメインを使ってWordPressで作る方法と
無料ブログを使って作る方法があります。

本日は初級編なので、無料ブログを使った方法をご説明します。

解説

■中古ドメインとは
一度利用されたことがある、期限切れのドメインの事です。これを使うメリットは、既に被リンクがついていたり、ページランク(検索エンジからの評価)が高いものがあり、その評価を引き継いでサイトを構築することができます。

 

それでは、実際にどのようなサテライトサイトを作ればよいのかお伝えします。

スクリーンショット 2016-02-15 11.39.48

これは、私が実際に「中古大型トラック買取サイト」へ
送るために立ち上げたサテライトの一つです。

スクリーンショット 2016-02-15 11.54.21

サテライトサイトは、1ブログ10記事ほどは掲載しておいてください。
そして、記事から本サイトからリンクを送ります。

ただ、一つのブログからリンクを送り過ぎると不自然なので、
その記事から1〜2本だけ本サイトの方へリンクを送るようにします。

サテライト用の記事は、外注サービスをなどを使って集めるのがおすすめです。

 

サテライト用で使える無料ブログをまとめておくので参考にしてください。

  1. ライブドアブログ
  2. FC2 ブログ
  3. アメブロ
  4. エキサイトブログ
  5. Seesaaブログ
  6. ヤフーブログ
  7. はてな
  8. JUGEM
  9. 楽天ブログ
  10. Blogger

 

まとめ

良質なコンテンツを増やし、良質なリンクを少し送る

簡単にまとめるとこれですね。

本サイトのコンテンツをしっかりと作り込み、
それに関するサテライトサイトを無料ブログで作成する。

次に外注を使って、記事を10本集めて掲載する。

10本の記事から1〜2本だけリンクを送るようにする。

以上が無料ブログを活用したSEO対策の方法です。
最低でも4ヶ月ほど、継続することで検索順位の変化が現れます。
しっかりと取り組んでみてくださいね!

 

P.S.
回答してくださった方、ありがとうございます!!
今後も少しでも役立つ情報を発信していきたいと思います!

アンケートフォームはこちら

 

 

 - WEBの技術