海とウェブ

仕事はウェブ系、趣味は海遊びという男がニュースや話題を独自の視点で紹介するブログ。webビジネス、webマーケティング、副業情報も。

効率的に良質なコンテンツを増やすために、一部のアフィリエイターだけがやっていること

      2016/02/15

★起業家志望ブログランキングに参加したので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

起業家志望ブログランキング

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!

 

どうも、小木隆史です。

 

アフィリエイトは「コンテンツ」を
作ることが仕事のようなものです。

 

もちろん、これが全てではありませんが。

 

コンテンツを提供することで、お客(ユーザ)に
サイトへきてもらい、コンテンツを介して、
適切な商品やサービスを紹介して購入や成約をしてもらう。

 

これがアフィリエイトの基本概念であり、
WEBの本来の流れだと思ってます。

つまり、コンテンツがなければ
お客も来なければ、商品を紹介することもできない。

ということです。

 

しかし、アフィリエイトに取り組んでいて、
一番の悩みは「コンテンツを作る」こと。

最も重要であり、一番の悩みが「コンテンツ作成」です。

 

副業でアフィリエイトに取り組んでいる人は、
専任でアフィリエイトをやっている人よりも
作業時間がどうしても少なくなってしまいます。

 

副業の人が2コンテンツ作成したときには、
専任の人は10コンテンツは作成してる思います。

なので、当然ながら成果に開きが出てきます。

 

それでも負けじと、なんとか時間を作って
専任の人と同じくらいコンテンツを作る人もいます。

 

でも、それだと結果が出る前に
疲れて辞めてしまう確率の方が高いです。

 

だから、
副業の人はもっと別の戦い方をしないといけません。

 

自分でガムシャラに取り組むことも
スキルが身についていくので、とても大事なことです。

 

しかし、アフィリエイトを始めた
理由を少しだけ思い出してください。

 

アフィリエイトに取り組んでいる人の多くは、
プラスアルファの収入を得ることや将来的に
時間のゆとりを確保することが最終の目的だと思います。

 

「私には、別の目的があります!」

という人はそのまま実践された方がいいと思います。

 

ただ、このブログではアフィリエイトで本来の
目的へ最短でいくことを優先に考えて書いています。

 

アフィリエイトは生活の質を上げる手段であって、
アフィリエイトをすることが人生ではないからです。

 

だから、自分で作業しているときに、

早く質の高いコンテンツを作るにはどうするべきか?

という考えをもつことをおすすめしています。

 

私もこの考えで作業しているので、
今までいくつかの方法を試してきました。

 

そこで、今日は試した中でも最も効率的で
誰にでもできる方法をお伝えしようと思います。

 

実際、私のクライアントにこの方法を
教えたところ、短期間でサイトのコンテンツを
増やして検索順位を順調に伸ばしていかれてます。

 

外注化という戦略を取り入れる

アフィリエイトで一定の結果を出している人は、
外注化の戦略を取り入れています。

 

自分しか出来ない作業とお願いすれば他の人でも
出来る作業を分けて効率化を図っています。

 

専任の人は、実践している人が多いですが、
副業レベルの人では少ないと感じます。

 

外注化戦略は、副業の人こそ取り入れるべきです。

 

多少のお金はかかりますが、
1記事300〜600円なので投資できる範囲だと思います。

 

以前、僕がお願いしたときは24記事で16000円でした。

 

例えば、1日1記事というペースで
進めている人の場合で考えると約1ヶ月分の
コンテンツが1回お願いするだけで追加されるわけです。

そしてコンテンツが増えたことで、
オーガニック検索からの流入が増えて成果数も伸びました。

 

最短で進めていくことを考えるなら実践してみる価値ありだと思います。

 

ランサーズを効果的に使う裏ワザ

ランサーズとは、国内最大級のクラウドソーシングで、
「仕事を依頼したい人」と「仕事をしたい人」が
出会える場を提供しているサービスです。

 

このサービスができたことで、
自分では書けないようなコンテンツや
システム開発で人手が足りない時など簡単に
依頼をすることができるようになりました。

 

しかし、ランサーズでは「サンプル記事」を
提出してもらうことを禁止しているので、
ライターさんのスキルが判断しにくいことがあります。

 

判断材料は過去の実績や評価を見るしかありません。1

 

自分が書いて欲しい記事を書けるライターさんか
ということは実際に記事を書いてもらうまでは分かりません。

 

しかも、記事単価が高いです...

 

そこで、私はランサーズタスクを
使って「オーディション」を行ってます。

 

以前、お葬儀系のサイトを作ったときの話しです。

 

「お葬儀に関するブログ記事を30記事
(1記事800文字以上 1記事100円)」

 

というタイトルで作業概要にターゲットやコンセプト、
NGワードなどの情報を掲載して依頼をします。

すると何名か記事を書いて送ってくれます。

 

この時は6名の方が送ってくれたので、
6名の中で、文章そのものが分かりやすい、
一番求めてる記事に近かいなどの条件を満たしているか確認します。

 

その後、クオリティの高い記事を書く人にメッセージを送り、
直接「プロジェクト形式」で依頼を出せないかを相談をしてみます。

 

メッセージを送るときのポイントは2つです。

 

1つ目は「なぜ、あなたにお願いしようと思ったのか?」

ということをメッセージにいれてください。

 

「良い記事を書いてくださりありがとうございます。」
というお礼も忘れないでくださいね!

 

2つ目は、記事単価を少し上げてください。

相手にとってもお仕事なので、これは普通に喜んでいただけます。

 

もともと、100円とかで依頼してるので
800文字で500円出したとしても破格だと思います。

 

このポイント意識すると断られることが少ないと思います。

 

非常にシンプルですけど、この流れを
実践することで質の高いコンテンツをたくさん
作成してくれるライターさんを見つけることができます。

 

P.S.

私なんてまだまだですが、とにかく行動することで
ゆっくり自分を良い方向に変化させてきました。

アフィリエイトでは、ノウハウも大事ですけど、
それ以上に大事なのは「行動」なんです!

ここがない人は、いつまで経っても結果はでません。

私は、1日でも早く自由になりたいので、とにかく行動してます !!

 

 

 - WEBの技術