海とウェブ

仕事はウェブ系、趣味は海遊びという男がニュースや話題を独自の視点で紹介するブログ。webビジネス、webマーケティング、副業情報も。

集客用ブログのアクセスを上げたい!!誰にも見られないという問題を解決するには?

   

SplitShire_IMG_7348

ブログを運営する目的は、「商品を紹介するため」「集客のため」「お問い合わせや資料請求に繋げるため」など、目的は様々あります。過去に、ブログを一度でも作ったことがある人なら特に分かると思いますが、ブログを作って最初の壁が「誰にも見られない」ということです。

せっかくお金をかけてブログを立ち上げたのに、ブログ経由でのお問い合わせは、待てども待てども来ることはなく。。。

1ヶ月、2ヶ月は一生懸命に更新するものの、「やっていて意味があるのか?」という疑問が頭の中を埋め尽くし、キーボードを打つ手が止まるという経験がある方は多いのではないでしょうか。

そこで立ち上げたばかりのブログを、より多くの人に見てもらうための方法を簡単に3つご紹介します。

今回は、費用をかける方法を2つ、費用かけずにできる方法1つお伝えしたいと思います。この中のどれか1つだけでも実践することで、ブログを作成した直後からお問い合わせや資料請求などのコンバージョンへ繋がる可能性があるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

■費用をかける方法
1:インターネット上の広告を活用してブログのアクセスを上げる

インターネット上には、様々な広告の種類があります。ほとんどの人が目にした事があるであろう広告は、インスタグラム・フェイスブックのニュースフィード(友達が投稿した内容を表示する所)に出てくるものや、自分がお気に入り登録してるブログなどの両端や記事の下に出てくるものなど複数あります。

こういったインターネット上の広告のことを「リスティング広告(PPC広告)」と言い、このリスティング広告で代表的なものが、Yahoo(ヤフー)とGoogle(グーグル)です。リスティング広告について、説明するとリスティングの話だけで一記事書けるほど長くなるので、今回は割愛しますが下記のようなものがリスティング広告の一例です。

 

※市川海老蔵さんのブログ(海老蔵さんのブログを参考にしたのに特に意味はありません。)

1

※フェイスブック

2

こういった画像を見たことがある人は、かなり多いと思います。あれって実は全て広告なんです。で、この広告を見る側から配信する側になることでブログのアクセスを上げることができるようになります。

リスティング広告のメリットは、地域・時間帯・曜日の指定配信、いらないキーワードを除外するなど、自分のブログのターゲットだけに広告を配信することができます。

さらに、リスティング広告は、広告がクリックされた場合にのみ費用(クリック料金)が発生する「クリック課金型」なので、無駄な費用をかけずに済むし、費用の上限を決めることもできるので、広告費を使い過ぎるということも基本的にはありません。

YahooやGoogleのリスティング広告は、管理画面が少し複雑で初心者の方にとっては、難易度が高いので、フェイスブック広告から初めてみることをおすすめします。フェイスブック広告でインーターネット広告の使い方に慣れたら、YahooやGoogleの広告にも挑戦してみるといいと思います。

フェイスブック広告に関しては、こちらの記事が非常に参考になりました。
【2016年版】今さら聞けないFacebook広告 基礎編!

ブログのアクセスを上げてより多くの人に見てもらうのに、リスティング広告はとても即効性がありますので、予算のある方はぜひトライしてみてくださいね^^

 

■費用をかける方法
2:SNSを活用してブログのアクセスを上げる

photo-1418225162054-0f773a996f9e

SNSで費用をかけるの?という疑問を持たれた人もいるのではないでしょうか?今回、紹介してるSNSマーケティングの方法は、ツールを使うやり方です。

デメリット・メリットがあるので、その辺りも含めてご紹介していきます。SNSは、個人的にリスティング広告の次に即効性があるやり方だと思ってます。

まず、SNSツールを使うデメリットについてですが、それはゴミトラフィックが集まりやすいという点です。どういう意味かと言うと、ツールを使ってツイッターやフェイスブックのフォロワーを強制的に増やしていくため、その中にはスパムアカウントのようなものもたくさんあります。そんなアカウントのユーザーからのアクセスで、アクセス数やPV数が上がっても、成果には繋がりにくいという点です。

 

次にメリットは、成果が出るまでのスピードが早く、しかも費用も安く、作業が簡単という点です。ゴミトラフィックが集まりやすいと上記でお伝えしましたが、実際は全てがそんなアカウントではなく、見込み客になりそうなユーザーももちろんたくさんいます。

インターネット上にあなたがターゲットにしている、見込み客はどこにいるのか分かりません。そんな見込み客を探すためにSNSをツールを使って運用していきます。

まだ知名度もなく、運用歴の短いサイトであれば自ら「見てください!」という、アプローチをかけていく事は必須です。これはインターネット上だけの話ではないです。お笑いだって、歌手だってなんでも売れてないときは、自分から積極的にアプローチをしていきますよね?つまりは、あれと同じです。

 

自分の存在を知ってもらうために、足跡を付けて回り、あなたの発言やコメントに興味を持ってくれたらサイトを見てくれます。こういったやり方は、スパムっぽくてヤダという方は、やってもすぐ止めてしまうと思うのであまりおすすめしません。

逆に、最初はどんなに泥臭くても、多くの人に知ってもらうための行動だと割り切れる人には、とてもおすすめします。よく集客やマーケティングを綺麗にカッコ良くやろうとする人がいますが、それは大きな広告予算が確保できてからか、たくさんのファンがついてからにした方がいいと思います。

 

私が実際に使ってるツールのレビューはこちら

 

ツールを使った集客はとてもシンプルで、煩わしい事や手間のかかる作業はツールが代行してくれるので、特に初心や中級者の方にはおすすめの方法です。

 

■費用をかけずにできる方法
1:検索エンジン対策を行ってブログのアクセスを上げる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

サイトを作って、ある程度の記事を投稿し、Googleの検索アルゴリズムに沿った良質なサイトを作って始めて上位に表示させていきます。3ヶ月以上は検索流入がないと思った方が良いです。基本的なアクセスは「情報」を求めてのアクセスとなります。

上位表示させるワードの検索ボリューム次第になるが、万単位のアクセスを期待出来ますし、Google、Yahoo!の検索結果次第なので無料です。

自分のブログやホームページで狙っているキーワードを意識して記事を執筆していきます。ここで意識してもらいたいのは、記事数よりも一記事のクオリティです。

 

パレートの法則というものをご存知ですか?全てのことは、「8:2」に別れます。これは記事も同じで100記事あったとしても、多くのユーザーに見られている記事は、2割だけというものです。つまり、いくら記事を量産したところで、ほとんどは見られることがないということです。であれば、一つの記事の質を上げていく方がよいです。

 

この記事を見る人は、どんな悩みがあって、何を解決したのか?、どんな悩みを検索エンジンに打ち込むだろうか?という事を考えながら記事を作成していくことをおすすめします。

 

■まとめ

ブログ・ホームページのアクセスを上げて、多く人にみてもらう方法としておすすめなのは、下記の3つです。

■費用をかける方法
1:インターネット上の広告を活用してブログのアクセスを上げる
2:SNSを活用してブログのアクセスを上げる

■費用をかけずにできる方法
1:検索エンジン対策を行ってブログのアクセスを上げる

SNSに関してはツールを使わなければ、費用をかけずに使用することももちろん出来ますが、今回はスピードと作業効率を考えてツールの使用をおすすめしました。どの方法をやるにしても、成果を出すために一番重要なのは、ユーザーに役立つコンテンツを作っていくってことです。

ユーザーの役立つコンテンツを作るためには、自分のブログ・サイトを見てるユーザーがどんな行動をしてるのかを分析する必要があります。そして分析するには、ある程度のアクセス数が必要です。その最初のアクセスを集めるためには、費用かける方法を実践してみる方がいいと思います。

 

 - WEBの技術, ウェブマーケティング