海とウェブ

仕事はウェブ系、趣味は海遊びという男がニュースや話題を独自の視点で紹介するブログ。webビジネス、webマーケティング、副業情報も。

丁寧にキーワード選択をしないから成果がでない。

      2016/02/15

0629-2

★起業家志望ブログランキングに参加したので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

起業家志望ブログランキング

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!

 

どうも、小木隆史です。

 

アフィリエイトってリスクが
少なくて参入障壁が低いから、
なかなか仕事感覚にならないのでしょう。

 

だから、
丁寧に作業をやることができない人が多いです。

 

丁寧に作業が出来ない典型的な例は、
サイトやブログに「キーワード」を
無造作に盛り込んでいることです。

 

これでは、なかなかお客さんに来てもらえません。
ここで一度、「サイト」=「お店」と考えてみてください。

 

リアルのビジネスでお店を出すとなると
どこに出店するか、真剣に考えますよね?

・ 主婦や子供連れをターゲットにするなら駅前よりは住宅街のほうがいいのでは?

・ ビジネスマンをターゲットにするならオフィス街いいのでは?

・ 駅から近い場所なら地元のお客さんはもちろん、観光客にも来てもらえるのでは?

・ 大手チェーン店などの競合がいないところを狙った方がいいのでは?

などなど

ターゲットとなるお客さんがアクセスしやすい場所や
自分のお店にたくさん来てくれそうな場所を選ぶと思います。

 

実は、この考え方ってサイトやブログでも同じで、
丁寧に作業が出来ている人というのは、

「市場」=「キーワード」という考え方を持っていて、

立ち上げ時のキーワード調査をしっかりと行っています。

 

キーワード調査の方法はたくさんあるのですが、
今日は、僕が最も効果的だと思う方法を一つお伝えします。

 

アクションにつながるキーワード

検索エンジン対策で大切になるキーワードは、
キーワードを選択する時、検索件数だけでなく、
実は「アクション率」も考える必要があるんです。

 

アクションにつながるキーワードとは、
お客さんのニーズを含むキーワードです。

 

アクションにつながるキーワードの代表例は以下の4つです。

・ エリア系:「居酒屋 福岡」「セレクトショプ 福岡」など場所を指定するキーワード

・ お悩み系:「肌荒れ 方法」「海外 移住の仕方」など解決方法を含むキーワード

・ 購入系 :「防犯カメラ 相場」「旅行 格安」など購入意思を含むキーワード

・ 緊急系 :「テレビ 修理」「名刺 即日」など緊急性を含むキーワード

アクションにつながるキーワードは、
キーワードを見ると、それを検索した人が
何を目的としていたかが明確であり、
購入やお問い合わせにつながるニーズが含まれていること。

 

また、アクションにつながるキーワードは、
単一キーワードに何らかの動機を表す
キーワードがセットになっていることです。

 

このキーワード調査が得意な人のサイトは、
ビックキーワードで上位表示されなくても
1〜3万の成果を出すサイトになっています。

 

例えば、このようなサイトを5つ持つだけでも
月に5〜10万程度は収益が発生することになりますね。

 

最初は、なかなか都合の良いキーワードが見つからないと思います。

 

ですが、
このスキルは、生まれ持ったセンスとか才能が必要なものではありません。

 

だから、しっかりと学びながら
行動することで確実に身についていくスキルです。

 

投げやりに行動せず、
丁寧に行動することから心がけていきましょう。

 

 

 - WEBの技術